人志松本のツマミになる話で出た千鳥ノブ発「溶鉱炉ターミネーター」

千鳥のノブさんといえば、印象に残り面白フレーズを生み出す名手。

「クセが強い」は、いまや日常でみなさんに使われるほど浸透。早朝ロケにベロベロの酩酊状態で現れた大悟さんを「懲役300年みたいな顔」と表現するなど、

ノブさんは巧みに言葉を組み合わせるセンスに長けておられます。

2021/04/02(金) の22時頃から放送された『人志松本の酒のツマミになる話』で、

  • 松本人志さん
  • 矢部浩之さん
  • 千鳥のおふたり

が共演されました(他の出演者の方もいらっしゃいますが、今回は割愛いたします)。

非常に豪華な顔ぶれですね。

松本さんと矢部さんの共演は、実に7年ぶり。

これまで松本さんに直接「あれ、何やったんすか?」と尋ねられなかった話を、矢部さんが包み隠さず話すなど、番組の第一回はおおいに盛り上がりました。

番組の中で、またもノブさんのフレーズセンスが光る場面が……。

発端は矢部さんのお話から。


エレベーターを待っていた矢部さん。何とエレベーターの中から現れたのは大先輩ダウンタウンの松本さん。いきなりのカリスマ登場にドギマキする矢部さんでしたが、おはようございますと挨拶。
実は後輩思いの優しい松本さんは、矢部さんに「色々、大変やったな」と労いました(ふたりが鉢合わせたのは、岡村さんのラジオでの炎上騒動のあとのタイミング)。
松本さんはエレベーターから出て、矢部さんが乗り込みます。
矢部さんが「失礼します」と頭を下げようとした瞬間、松本さんはニッコリ笑い、右手の親指を立てたのでした。


出演者は一様に「やさしい~」と口にし、松本さんは照れ始めます。

まず大悟さんが(親指を立てた松本さんを)「ターミネーター(の所作や)」とぽつり。

続けてノブさんが「溶鉱炉ターミネーター以来」と表現。

「溶鉱炉ターミネーター」がサラリと出てくるのが、ノブさんのすごいところ。

ご存じない方のために『ターミネーター2』のストーリーを説明いたしますと、


ターミネーター2のラストでシュワちゃん演じるT-800が、任務遂行後、未来から来たロボットである自分が、このまま存在し続けることは良くない影響を与えるという判断から、溶鉱炉の中に我が身を沈めていき、溶鉱炉の中から右手のみを突き上げ、拳を握り親指を立てる。


駆け足で語りましたが、上記のようなあらすじとなります。

とにかくラストは涙なくしては、見られない名シーン。そこから彼は言葉をチョイスしたのです。

「溶鉱炉ターミネーター」というフレーズも、もしかしたら『千鳥ノブ名言集』として、後々まで残っていくかもしれませんね。

高田豪(大阪お笑い塾・塾長)