有吉弘行の「哲学者の言葉」毒舌訳|ニーチェが語る笑いの説明

先日、結婚を発表された有吉弘行さん。

猿岩石時代から現在にいたるまで、よくテレビ番組で有吉さんの姿を見ておりました。

今回は有吉さんの「毒舌訳・哲学者の言葉」をご紹介します。

有吉さんの著書を読んだのは、今回が初めてだったのですが、有吉さんらしい毒味がふんだんに詰まっています。

ソクラテス、ニーチェ、アリストテレス、モンテーニュ、ゲーテなど名だたる哲学者の言葉に対して、有吉さんが解釈を述べる形式。

項目ごとに独立しているので、どこからページを開いても楽しむことが可能。

ニーチェの「人間のみがこの世で苦しんでいるので、笑いを発明せざるをえなかった」という言葉を有吉さんが引用しているのも興味深いです。

どんな苦しい状況でも、笑っている一瞬はその苦しみを忘れるのが人間という生き物。

猿岩石でブレイクしたあと、苦渋をなめ続けた有吉さんだからこそ、上記のニーチェの言葉が、より心に響いたのかもしれませんね。

税込み600円ほどで買えて、サクッと読める文庫本ですので、非常に読みやすいです。

高田豪(大阪お笑い塾・塾長)