大阪お笑い塾ラジオの第7回は『Batch村のBatch(ばっち村のばっち)が登場!要領の良い人悪い人』

社会人によるお笑いカルチャースクール『大阪お笑い塾』が毎月2回配信する『お笑い塾ラジオ』

今回のテーマは要領の良い人悪い人。

新塾生のBatch村のBatch(ばっち村のばっち)がネトラジ初登場!

下記からお楽しみいただけます↓

『お笑い塾ラジオ』

大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第19回LINE句会」

いよいよ第20回が目前に迫っているLINE句会。

第19回LINE句会のテーマは「服・衣類」でした。

下記のような俳句が投句されました。


金残りぴえんぶかぶか卒業よ 作・種中ひとつ

唸る声神輿の上で舞う法被 作・美星彗

めくるめくショートパンツの長い足 作・結若葉

浴衣見て服より着選(きせん)胸湧きて 作・結花

恩人に忘れさられる夏衣 作・亀歩


種中ひとつさんは、『プレバト!!』を見て「ぴえん」という言葉を使ってみたとのこと。

俳句といえば、古めかしいものというイメージを持たれやすい面もありますが、時代とともにバージョンアップしていくのも確か。

種中さんのワードセンスに感服です!

さて次回の第20回LINE句会は、写俳。

上記のスイカを持つ方の写真から、どんな俳句が生まれるのか楽しみですね!

大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第18回LINE句会」

このブログを書いている2021年6月14日の0時40分頃、大阪は猛烈な雨が降っています。

中休みの晴天時は忘れるものの、雨天になると「梅雨やな~」って感じになりますね。

さて早いものでLINE句会も第18回。

今回の写俳は下記のもので行われました。

残り梅雨物干しさせよてる坊主 作・結若葉

紫陽花に見向きもしない中の人 作・亀歩

逢瀬する傘と紫陽花晴れ渡れ 作・種中ひとつ

雨なれど紫陽花に心照らされて 作・結花

夕立が去り香り立つアスファルト 作・美星彗


写真の中の紫陽花を句に入れる人もいれば、てるてる坊主を入れる人も。

切り取る部分が異なるのは写俳の醍醐味。

第19回の句会では、どんな俳句が出そろうでしょうか。

 

大阪お笑い塾のネトラジ第5回をアップしました!

大阪お笑い塾のネトラジの第5回目をアップいたしました!

もはや準レギュラーといっても過言ではない、畠山さんがゲスト。

食費、買い物時に溜まるポイントの貯め方と使い方にものすごくこだわる男の高橋と、「そんなものしゃらくせえ!」「買いたいものかって、使いたいもに使うんじゃい!」と真に痛快な畠山さん。

お聞きになりたい方は下記の画像をクリックくださいませ▼

大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第17回LINE句会」

今年は入梅が早かった分、梅雨の中休みも結構ありそうな感じですね。

さて今回の写俳用の写真は

こちら↑

結花さんが選んでくださいました!

そして出そろったのが…


花道に元カレチラつき握る汗 作・美星彗

結婚を初夏の日風共祝う 作・結花

いもりと呼ばれた女子ついに結婚 作・亀歩

雨模様紫陽花ブーケ陽を灯す 作・結若葉

シャボン婚二人の腕(かいな)愛ちぎる 作・種中ひとつ


上記の5句。

6月の花嫁という題材でしたが、様々な角度から句が作られました。

次週、第18回LINE句会は、種中ひとつさんが選んでくださった写真で写俳いたします!

大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第16回LINE句会」

さて今週も写俳です。

今週は美星彗さんに下記の写真を選んでいただきました!

出そろった俳句は↓↓↓


バーベキュー意気投合後詐欺にあう 作・結若葉

夏の海楽と思い出積み重ね 作・結花

恋なのか気にせぬあの子と夏魔物 作・美星彗

もう二十歳晩夏に感謝みなジャンプ 作・種中ひとつ

朝凪やほろ酔い元カノ手を握る 作・亀歩


青春や恋に関連する俳句が多く詠まれました。

次回も写俳。写真は結花さんに選んでいただきます!

大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第15回LINE句会」

さて、今回から塾生さんたちに写俳用の写真を選んでいただく試みが始まりました。

今回は結若葉さんが、

こちら↑の写真を選んでくださいました。

そして出そろったのが、


泥の顔映し出される青田面 作・亀歩

田植えするのんびり暮らし腰痛よ 作・種中ひとつ

早乙女が唄口ずさみ農機乗る 作・結若葉

無農薬水面に浮かぶ日傘女子 作・美星彗

田植見て思う田舎の子供時 作・結花


上記の5句。

個人的には「早乙女が農機に乗る」という取り合わせが素晴らしいなと思いました。

「日傘女子」というのもおしゃれなフレーズでぱっと視覚化しやうすいですね!

種中さんは腰痛に苦しんでおられるるようでして、田植えの腰痛と重ねた作句をしてくれました。

このように今の自分自身を俳句に入れるのも、またひとつの手法。

第16回のLINE句会も写俳です。

イケメン俳人・美星彗さんに写俳用の写真を選んでいただきました!

ではまた句会の報告でお会いいたしましょう!!

大阪お笑い塾のネトラジ第4回をアップしました!

大阪お笑い塾のネトラジ第4回をアップいたしました!

今回は浪速のプルシェンコこと、アカソフ君をゲストにお招きしてお送りしております。

高橋、アカソフの両名は怪盗グリーンというコンビで活動中。

ぜひお聞きくださいませ♪

お笑い塾ラジオ

大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第14回LINE句会」

今回のテーマは「睡眠関連」でした。


夏の夜はキス待つ姫も寝苦しい 作・美星彗

蹴飛ばした布団を探す夏浅し 作・結若葉

夏の夜犬伸び寝る寝床上 作・結花

あなた来い短夜の姫果報待つ 作・種中ひとつ

風薫る汗布団干す悪夢の日 作・亀歩


上記の5句が出そろいました。

暦の上では、もう夏。

夏を感じさせる俳句が増えてきましたね。

次回のLINE句会からは、写俳のテーマになる写真を持ち回りで選んでいただきます!

大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第13回LINE句会」

第13回LINE句会は、写真で俳句を作る写俳。

上記の写真で以下のような俳句が詠まれました。


第13回LINE句会

蚊のように僕ら兄弟刺さないで 作・美星彗

夏祭り浴衣に照れつ巡る店 作・結花

鉄板とピック奏でる祭り曲 作・結若葉

夏フェスの大阪の味九州に 作・ 種中ひとつ

球状のメリケン包むヒキガエル 作・亀歩