お笑い塾・俳句部

お笑い塾・俳句部

大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第84回LINE句会 兼題→東」

第84回 LINE句会「兼題→東」 夕暮れや二人で頬張る紅あずま 作・亀歩 東空を(とうくう)来光染める秋の朝 作・結花 東屋で紅葉眺めて高野山 作・泥池闇人 M-1の檜舞台は東京で 作・種中ひとつ 秋...
お笑い塾・俳句部

大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第83回LINE句会 兼題→芋」

第83回 LINE句会 「芋」 虫の声あてにゆったり芋焼酎 作・泥池闇人 芋けんぴほんの少しが食べすぎて 作・結花 芋掘るや好いた大人に見せびらかし 作・結若葉 芋煮会老いも若きも芋野郎 作・亀歩 芋茎...
お笑い塾・俳句部

大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第82回LINE句会 兼題→パン」

第82回LINE句会 兼題パン 味嫌い枝豆パンなら味変わり 作・結花 サツマイモ付く名のパンにトング伸び 作・結若葉 購買部から届くパン秋の通夜 作・種中ひとつ 痩せ姫の心揺るがす栗あんパン 作・亀歩 ...
お笑い塾・俳句部

大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第81回LINE句会 兼題→月」

第81回 LINE句会 月見の日月見る兎かぐや似て 作・結花 名月の照らす兎や紅(こう)の涙(るい) 作・亀歩 逢いたいよ名月に住む影美人 作・泥池闇人 月仰ぎ誰(た)がため贈る花一輪 作・種中ひとつ ...
お笑い塾・俳句部

大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第80回LINE句会 兼題→塾」

第80回LINE句会「塾」 塾帰り燃える瞳や雁渡し 作・亀歩 夏休み塾通いだとむくれ顔 作・結花 夏休み塾ばかりでいらないよ 作・泥池闇人 いざ参らんカンヅメ特訓冷房病 作・結若葉 塾生が熟成された門出...
お笑い塾・俳句部

大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第79回LINE句会 兼題→刃物」

第79回 LINE句会 「刃物」 蟻地獄静かに待ちて刃研ぐ 作・泥池闇人 夏休み家事手伝いで刃物研ぎ 作・結花 落としては皮剥き落とす山の芋 作・結若葉 月陰り円月殺法観て団子 作・種中ひとつ 秋祭まさ...
お笑い塾・俳句部

大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第78回LINE句会 兼題→髪」

第78回 LINE句会 「髪」 この盆も髪の毛伸びたね菊人形 作・泥池闇人 甲子園髪剃り気合い入れる夏 作・結花 刈り上げの女子並び歩く秋暑し 作・結若葉 後ろ髪なき後ろ髪飾る花 作・種中ひとつ 稲妻や...
お笑い塾・俳句部

大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第77回LINE句会 兼題→静」

第77回 LINE句会 「静」 クワガタよ静かに燃ゆる我が闘志 作・泥池闇人 一人寝の静かな仏間ザザと鳴り 作・種中ひとつ 夏川や静かに溺れる子猫かな 作・亀歩 夏終わる静寂の居間のランドセル 作・結若葉 ...
お笑い塾・俳句部

大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第76回LINE句会 兼題→蝉」

第76回LINE句会 兼題→蝉 蝉が鳴く命短し恋せよと 作・泥池闇人 夏休み蝉よりデカくはしゃぐ子ら 作・種中ひとつ 空蝉や風に運ばれ沼の中 作・亀歩 蝉苦手それでも取る爺孫の為 作・結花 溶けながらア...
お笑い塾・俳句部

大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第75回LINE句会 兼題→食器」

第75回 LINE句会 「食器」 冷索麺ガラスに揺蕩う小ざるかな 作・亀歩 夏盛りガラスの器に揖保乃糸 作・泥池闇人 夏の夜ビール味上げる冷ジョッキ 作・結花 京絵付けグラスで揺らめく金魚かな 作・結若葉 ...
タイトルとURLをコピーしました