大阪お笑い塾・俳句部の課外活動「すなっ句」

大阪お笑い塾の俳句部は、毎週、LINE句会を行っていますが、二カ月に一度の頻度で塾外の俳人にもご参加いただいて、オンライン句会を開催しております。

いつもよりも、たくさん俳句を作ることになるので、良い鍛錬になっているのではないでしょうか。

さて、それでは「第2回 すなっ句」に投稿された俳句をご紹介いたします。


【第2回 すなっ句 2021年4月25日開催】

テーマ→生き物、好きなキャラ、自由句

1 油風指貫落とすマスク縫う |作・果風

2 端切みなマスクに羽化す春暑し |作・ 果風

3 トトロ見て川に持ち込む夏野菜 |作・結花

4 注文し花の慶次読み待つカレー |作・ 美星彗

5 霾も敵見つけたりプレデター |作・ 果風

6 人生は諦めないのが花道と |作・ 美星彗

7 薔薇を追う永遠の少年時彼方(ときかなた) |作・ 種中ひとつ

8 父と子の苦境を照らす桜道 |作・ 結若葉

9 春の宵チャッキーみたいに笑う人 |作・ 亀歩

10 野遊びや蟹股歩きの麗人と |作・亀歩

11 呼ぶラッパ猫の国いな豆腐売り |作・種中ひとつ

12 生き物にならず春行く人の道 |作・ 果風

13 猫に似る春風舞(しゅんふまい)の気まぐれさ |作・ 結花

14 咲く桜花ターフに掛ける想いかな |作・美星彗

15 手毬での記憶擽る手毬花 |作・ 結花

16 尖り耳春のエルフと馬鹿にされ |作・ 亀歩

17 寿司屋に雲丹を食べて大人顔 |作・ 美星彗

18 春の風舞い舞わされて出会う縁 |作・結花

19 苧環(おだまき)の花見る郷(さと)は春荒か |作・ 種中ひとつ

20 花の宴土中の骸も踊り出し |作・亀歩

21 猫さかる声と一緒に夢の中 |作・結若葉

22 公園のゴミ花見して迎え待つ |作・ 結若葉

23 パンジーの顔がたくさんこちら見る |作・結若葉

24 息返れ春風駘蕩(だとう)な地球(テラ)様 |作・ 種中ひとつ


次回の開催は6月下旬を予定しております。

大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第12回LINE句会」

大阪お笑い塾の第12回句会の報告です。

今回のテーマは「花言葉」

投句された5句を紹介いたします。


陽のようなあなたに薔薇の花言葉
(作・美星彗)

不離の藤佐助春琴盲夢中
(作・種中ひとつ)

牡丹咲く家(うち)のベランダ富貴の地
(作・結若葉)

鳥曇り弟切草を摘む女
(作・亀歩)

芝桜希望を戻す花言葉
(作・結花)


次回は写俳です。

また次週の週明けに報告させていただく予定です。

高田豪(大阪お笑い塾代表)

大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第11回LINE句会」

緊急事態宣言中ですが、大阪お笑い塾の俳句部はLINEで連携を取り合い句会を続けております!

さて第11回の句会のテーマは「風」。

今回は、こんな5句が出そろいました!


春の風舞い舞わされて出会う縁(作・結花)

風邪一つ鬼の首狩る視線かな(作・種中ひとつ)

昼下がり紫煙の香る油風(作・結若葉)

鯉のぼり無数になびく芥川(作・美星彗)

春帽子風に煽られ異人街(作・亀歩)


美星彗(みすえー)さんが独特の感性を俳句では、よく発揮されており、めきめきと頭角を現しています!

次回第12回の句会テーマは「花言葉」となりました^^

大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第10回LINE句会」

大阪お笑い塾の俳句部では、毎週1つ各々が俳句を作っています。

早いもので、もう10回目を迎えましたお笑い塾の句会。

今回は写俳。

上記の写真から連想したことを俳句にします。

大喜利でいう「写真で一言」みたいな感じですね(笑)。

さて、それでは今回、投句いただいた俳句を紹介いたします。


《第10回 大阪お笑い塾句会》

魚釣り東風に防がれ土産無く【作・結花】

全日本春の鮒釣り選手権【作・結若葉】

春雨もやっぱ集まる同級生【作・美星彗】

冬川(とうせん)の誓いがマツリに三爺(さんじい)【作・種中ひとつ】

鮒釣部BLの糸縺(もつ)れる水面下【作・亀歩】


このように、毎回かなり特色ある俳句が投稿されます。

次回のテーマは「風」。

さて、次はどのような俳句が投句されますでしょうか。

大阪お笑い塾・俳句部の活動

みなさん、こんにちは。大阪お笑い塾の高田豪です。

今回は、大阪お笑い塾の俳句部について。

『プレバト!!』などの影響で、俳句がずいぶん身近なものになりつつあります。

『プレバト!!』に出演されている芸人さんを見ていると、「俳句もすごい」としばしば感じるもの。

先日は、アインシュタインの稲田さんが『プレバト!!』に出演しておられました。

夏井いつき先生の忌憚のない俳句愛あふれる言葉は、魅力的。芸人さんとのやりとりもユーモラスです。

当然ながら、お笑い芸人の方は、端的な言葉で人の感情を動かすのに長けておられます。

我々もあやかろうというわけではないのですが、大阪お笑い塾でも有志を募り、2021年度より俳句部を発足させました。

といっても、ゆるい会です。

「この着眼点は面白い」「この言葉選びは興味深い」という投句されることもあります。

大阪お笑い塾・俳句部の活動は、またこちらのブログでご報告させていただく予定です。

高田豪(大阪お笑い塾・代表)