大阪お笑い塾・俳句部の課外活動「すなっ句」

大阪お笑い塾の俳句部は、毎週、LINE句会を行っていますが、二カ月に一度の頻度で塾外の俳人にもご参加いただいて、オンライン句会を開催しております。

いつもよりも、たくさん俳句を作ることになるので、良い鍛錬になっているのではないでしょうか。

さて、それでは「第2回 すなっ句」に投稿された俳句をご紹介いたします。


【第2回 すなっ句 2021年4月25日開催】

テーマ→生き物、好きなキャラ、自由句

1 油風指貫落とすマスク縫う |作・果風

2 端切みなマスクに羽化す春暑し |作・ 果風

3 トトロ見て川に持ち込む夏野菜 |作・結花

4 注文し花の慶次読み待つカレー |作・ 美星彗

5 霾も敵見つけたりプレデター |作・ 果風

6 人生は諦めないのが花道と |作・ 美星彗

7 薔薇を追う永遠の少年時彼方(ときかなた) |作・ 種中ひとつ

8 父と子の苦境を照らす桜道 |作・ 結若葉

9 春の宵チャッキーみたいに笑う人 |作・ 亀歩

10 野遊びや蟹股歩きの麗人と |作・亀歩

11 呼ぶラッパ猫の国いな豆腐売り |作・種中ひとつ

12 生き物にならず春行く人の道 |作・ 果風

13 猫に似る春風舞(しゅんふまい)の気まぐれさ |作・ 結花

14 咲く桜花ターフに掛ける想いかな |作・美星彗

15 手毬での記憶擽る手毬花 |作・ 結花

16 尖り耳春のエルフと馬鹿にされ |作・ 亀歩

17 寿司屋に雲丹を食べて大人顔 |作・ 美星彗

18 春の風舞い舞わされて出会う縁 |作・結花

19 苧環(おだまき)の花見る郷(さと)は春荒か |作・ 種中ひとつ

20 花の宴土中の骸も踊り出し |作・亀歩

21 猫さかる声と一緒に夢の中 |作・結若葉

22 公園のゴミ花見して迎え待つ |作・ 結若葉

23 パンジーの顔がたくさんこちら見る |作・結若葉

24 息返れ春風駘蕩(だとう)な地球(テラ)様 |作・ 種中ひとつ


次回の開催は6月下旬を予定しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です