大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第32回LINE句会」

第32回LINE句会は下記の写真での写俳となりました。

顔掴み振っても切れぬトンボ愛 作・結若葉

秋の昼水辺で過ごす恋時間 作・結花

親の歴夫婦蜻蛉が去る水面 作・種中ひとつ

指回し酔わせて捕まる赤とんぼ 作・美星彗

秋の池夫婦(めおと)茜やツーリング 作・亀歩


つがいで飛ぶトンボを、夫婦と捉える人が複数いたり、「恋時間」といった恋を連想する句が詠まれたり、あるいは愛というフレーズが出たりと、色々な切り口の句が詠まれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です