大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第28回LINE句会」

第30回が近づいてきました、大阪お笑い塾のLINE句会。

さて、今回も写俳です。

こちらの艶っぽい写真を、俳句部のみなさまがどのように詠まれたのでしょう?

早速見ていきましょう。


第28回LINE句会

一句詠む進む筆先匠の手 作・れおん

着物着て句を練る姿撫子か 作・結花

夏を読む想いと走る筆と汗 作・美星彗

涼風がうなじ吹き抜け香りづく 作・結若葉

句詠む風薫るうなじにback hag 作・種中ひとつ

終恋や色なき風に筆とまり 作・亀歩


今回は、種中さんの俳句に票が集まりました。

選んでいたのがいずれも男性の俳人というのが興味深いですね。

次回も写俳となります。

種中さんが選んでくれた上記の写真で、どのような俳句が作られるか楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です