大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第29回LINE句会」

お笑い塾が定期的に行っている第29回LINE句会。

今回はこちらの↓のかわいい写真での写俳となりました。

提出された句は、下記の5つ


第29回 LINE句会

後ろから小さく感じる暑い視線 作・美星彗

温室の猫の視線や穴惑い 作・亀歩

夏草に潜めど見える子猫顔 作・結花

無邪気捨て跳べ雛菊の猫二匹 作・種中ひとつ

母猫を茂みの陰で待ち焦がれ(満票) 作・結若葉


俳句の腕をメキメキと上げてきている結若葉さん。

今回は、見事満票となりました。

さすがですね!

次回は、ついに30回目。

どんな句が作られるのか、今から楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です