大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第22回LINE句会」

第22回LINE句会のテーマは「旅館」。

下記のような5句が出そろいました。


惚れ直す湯上がる君の旅浴衣 作・美星彗

艇長忌遺族と間違う女将かな 作・種中ひとつ

旅籠屋の打ち水作る虹の橋 作・結花

汗女将うなじ乾かすあいの風  作・亀歩

ほどけては母に結われる浴衣帯 作・結若葉


種中さんは、佐久間勉艇長の詳しく、「艇長忌遺族と間違う女将かな」は佐久間艇長のことを詠んだ句。

結花さんの、打ち水でできる小さな虹というのも、俳句のスモールワールドを表しており、俳味がたっぷり。

次回の兼題は「海」となります。

そろそろ梅雨明けし、本格的な夏が到来しそうな気配。

さて、次回はどんな句が生みだされるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です