大阪お笑い塾・俳句部の活動報告「第19回LINE句会」

いよいよ第20回が目前に迫っているLINE句会。

第19回LINE句会のテーマは「服・衣類」でした。

下記のような俳句が投句されました。


金残りぴえんぶかぶか卒業よ 作・種中ひとつ

唸る声神輿の上で舞う法被 作・美星彗

めくるめくショートパンツの長い足 作・結若葉

浴衣見て服より着選(きせん)胸湧きて 作・結花

恩人に忘れさられる夏衣 作・亀歩


種中ひとつさんは、『プレバト!!』を見て「ぴえん」という言葉を使ってみたとのこと。

俳句といえば、古めかしいものというイメージを持たれやすい面もありますが、時代とともにバージョンアップしていくのも確か。

種中さんのワードセンスに感服です!

さて次回の第20回LINE句会は、写俳。

上記のスイカを持つ方の写真から、どんな俳句が生まれるのか楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です